☡┬

MIRAI KURIYAMA

「不愉快です。」